キャッシングとカードローンについて

キャッシングと言うと一般的には消費者金融会社や信販会社等でお金を借りる事を指すようですが、カードローンと言うと銀行系カードローンが一般的と言えるでしょう。銀行系と言うと、銀行や銀行と提携をしている消費者金融会社がそれに該当をしますが、その両者では大きな違いがあるようです。

 

消費者金融会社は銀行系であっても銀行とは提携関係にあるというだけで、個別の貸金業者です。貸金業法が改正されそれに伴って総量規制が敷かれる事になった現在では、銀行ではその対象外となっていますが、提携消費者金融会社では年収の1/3以内までしかお金を借りる事が出来ません。総量規制により以前は消費者金融会社でも可能であった専業主婦の借入れが原則的に出来なくなりました。

 

一方銀行では配偶者に安定した収入がある場合利用をする事が可能となっています。特に専業主婦についてはこの事は大きな問題と言えるでしょう。家計のやり繰りの為に旦那さんの給料日まで少しだけ借り入れをするという事が出来なくなってしまったのですから、大変な事であると言えるでしょう。

 

それでも銀行カードローンの低金利融資を受ける事が可能となっているので、専業主婦に借り入れの道が閉ざされた訳ではありません。お金を借りたい時には銀行を利用する事をお勧めします。

銀行なら大きな金額、消費者金融なら5万円ほどの申し込みにも向いています。