銀行系キャッシングは低金利だけど審査が厳しい

キャッシングでお金を借りれば、元金を利息と合わせて返済していくことになります。ですから、できるだけ低い金利でお金を借りることができれば、それだけお得に利用ができるということになります。

 

金利が低いサービスというと銀行系キャッシングということになります。専業系や信販会社系の業者と比べると金利に数%の開きがあります。この理由は資金の調達コストに差があるからです。銀行系の場合には預金を貸し出し資金に廻しているため調達コストが安く済みます。一方で消費者金融などは銀行からお金を借りて資金を調達しているため、銀行へ利子を付けて返済する必要がある分、金利を高く設定しなければなりません。

 

ですから、銀行系業者の金利は低くなっているのです。だったら、誰でも銀行系キャッシングを利用するように思いますが、実際にはそうではありません。消費者金融や信販会社からお金を借りている人もたくさんいます。

 

なぜなら、銀行系の審査の基準が消費者金融などと比べると厳しくなっているからです。たとえば、消費者金融ならばアルバイトやパートでもお金を借りることができますが、銀行では正社員が貸し出しの条件となっているところも多くあります。その他、年収や借入状況などについても全体的に銀行系の方が基準が厳しいため、利用したくても利用できない人がいるのです。

銀行系の厳しい審査をクリア出来る自信があれば、低金利のオリックス銀行カードローン借りる審査を受けてみましょう。